匂い そこにある危機

この感覚は俺だけの感覚なんだろうか。

誰かが何かをした時に臭いと感じる感覚。滅多に感じないけどたまーに感じることがあるんだ。

この感覚はなんだろうと少し考えてみた。

本当に匂いが漂ってくるわけではなく、誰かと話したり、同じ場で何かをしているときその誰かの発言や、表情や、目線やなんだかんだが、俺の中に入ってきたとき、なんだか臭いと感じる。

よく刑事ドラマや火曜サスペンス劇場でベテランの刑事が「なんか臭せーな」って言うシーンがあるけど、あれに似ているかも知れない。

刑事はその瞬間に確信はないけど犯罪の動機みたいなものを感じているだろうな。

もちろん俺が感じてるのは犯罪の動機ではないけれど。

つまり法に触れるほどのものではないけれども、何らかの悪意がふわって一瞬漂った空気感を感じるのかねぇ。。。。。。。

誰もがこの感じを出す訳ではなく、全く一度もこの感じを感じさせない人もいるな。

違うな、ほとんどの人は感じないけどもね。でもたまに感じさせる人がいるってことだね。

まあ、今はサラリーマンだからね、感じたことなど忘れてしまって、会社の枠の中で生きていればそれなりに仕事も出来てきたかな。もちろん長い時間の中で徐々に効いてきたりはするけどね。

でも、ビジネスを立ち上げようとした瞬間にこの感覚はリスクを最小限にするためには重要な感覚じゃないかなって思うな。

もっともっと多くの人に会ってこの間感覚も磨いていこう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。