fbpx

シン・ゴジラが象徴するもの

2016年7月29日の公開時に

川崎の映画館でシン・ゴジラを

観た。

そして今回の地上波放送で

再度観直した。

2度目だけれど面白い。

言うまでもなく圧倒的な映像

現実を踏まえた緻密なシナリオ

エバンゲリオンの世界観を作り上げた

庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた

作品だけのことはある。

そして、製作陣が背後に仕込んだ

様々な想いが観客の想像力を掻き立てる。

製作陣は様々な背景と想いを

この映画に付加していると思う。

でも

その想いは公式に発表されていないため

我々は想像するしかない。

又、製作陣も想像の喜びを我々に

残すために公式発表をしないのだろう。

しかしながらストーリーの中に

様々なヒントを紛れ込ませている。

「ヤシオリ作戦」や映画終了間際の

ゴジラの尻尾。etc

しかしながら、にゴジラの様々な

疑問に関する正式な見解が出ていない

以上我々がまた、私個人が私的な意見を

述べることも許されているのだろう。

そして製作サイドは様々な憶測が

飛び交うことを歓迎し喜んでいると

思われる。

ストレートにシン・ゴジラは何を

表現していたのだろう。

突如東京湾に現れ、

官邸と東京を混乱に巻き込み

成長し再度鎌倉あたりに再上陸し

東京を目指す。

自衛隊の攻撃に全く動じることなく

東京に入り

米軍の攻撃をきっかけに

東京を火の海にする。

そして、連合国軍による核攻撃の

タイムリミットが迫る中、

日本人の官民共同による、

「ヤシオリ作戦」により、

ゴジラを一時的な眠りに就かせる

ことに成功する。

ゴジラ騒動でこれまでの

政界のリーダーを失い、

米国の女性大統領を目指すリーダー

候補と手を握りながら

若き官僚が次代の日本を創造する。

可能性を示唆しながらエンディング

へなだれ込む。

ゴジラが示したものは何か?

世界がこれまでにないスピード

で変化していく中、

そのスピード感に置いて行かれそうに

なっている日本。

そこにある危機感と閉塞感。

何としてでも打開すべき現実。

その日本の中心にある東京。

破壊される、浜松町、新橋、銀座、

虎ノ門、霞が関、永田町は

政治、経済、行政の中心地である。

まるでゴジラは日本の

スクラップアンドビルドを行って

いる様である。

それも米軍(外圧)による攻撃を

きっかけとして破壊を始める。

江戸時代が明治に変わる際に

行われた革命の様である。

米国の黒船をきっかけに始まった革命。

ゴジラは時代のターニングポイントに

現れた神(GOD)の様である。

神(ゴジラ)の荒ぶる魂を抑え鎮めたのは

日本人の「ヤシオリ作戦」である。

神代からの日本人の精神である。

ゴジラの体内は冷却され

眠るように廃墟の東京に佇んでいる。

経済合理性、効率、コストパフォーマンス

欧米型の価値観をあまりにも受け入れ

過ぎたために失われつつある、

現在ではマイノリティーと

なってしまいつつある

日本的感性。

放射能、破壊は現代の日本そのものを

象徴しながらも、

日本的感性を内包し寄り添っている

それがゴジラではないだろうか。

2016年の東京にゴジラが創造された

意味をもう少し追っかけてみようと思う。

今日はここまで。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。